アブダビGP観戦厳選必須アイテム

アブダビで行われるGPは、アラブ首長国連邦のアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで開催される唯一のグランプリです。このGPを観戦するにあたって、おすすめしておきたい必須アイテムをGPの特徴と合わせていくつかご紹介します。アブダビで行われるGPはレース中に日没を迎え、レース後半はすっかり日が落ちてしまうため、照明設備を備えています。又、反時計回りのコースでエントリーは右から、トンネルを通って左から合流となり、他の会場とは少し異なります。GP開催の11月下旬頃のアブダビは、雨季に入るため、少量ではありますが備えておきたい人は帽子をかぶって観戦することをおすすめします。傘は通常邪魔になりますし、少量ならば帽子で十分対応可能です。帽子ならば日中の日差しにも対応でき、あれば何かと役に立ちます。

アブダビGP観戦厳選必須アイテムその②

GPが開催されるアブダビは、亜熱帯気候です。亜熱帯気候の特徴としては晴れが多く、高い温度が一年中続くことが挙げられますが、アブダビも一年中比較的過ごしやすいです。特に、GPが開催される11月から4月までは、日中は24度前後ぐらいで、夜になると13度ほどになり、この時期が一年の中でも最も過ごしやすい気候となります。よって、GP観戦時の服装は11月であっても夏服で構いませんが、エアコンがきき過ぎた室内に入ることも考慮して、ジャケットなどの羽織るものを一枚持って行っておくと後々助かることがあります。日差しが強すぎる日中に袖を通さず肩から掛けておくだけで日焼け対策にもなります。砂埃が気になる時であっても口を覆ったり、一枚羽織るものがあるだけで、色々な緊急時に役に立つ時があります。

アブダビGP観戦厳選必須アイテムその③

日が落ちることを考慮したアブダビグランプリの会場では、照明器具に集まった虫達に気を付けておくことをおすすめします。GPの観戦に集中出来るよう、予め虫よけスプレーを体に振っておけば万が一変な虫に刺されるような大変な事態は避けることが出来ます。海外ではジカウイルス感染症やデング熱など、蚊が媒介となっている危険な感染症が多数報告されています。アブダビのGP会場ではそこまで神経質になる必要はありませんが、たとえ砂漠であっても、淡水の水溜りがある等、ボウフラの生育条件が満たされれば蚊は発生します。現地のトイレの蓋は必ず使用後に閉めておかなければ蚊がわいてしまいます。海外旅行において、蚊でなくても虫は油断大敵です。虫よけスプレーを体に振って、万が一に備えておき、心おきなくレースを楽しむに越したことはありません。