アブダビGPで喜ばれるお土産ベスト10

アブダビで開催されるF1GPで喜ばれるお土産をご紹介します。メディアセンターでチェックインする際にプログラムと一緒に配られるのが、USBメモリーです。通常は国旗カラーのUSBメモリーですが、タイミングが合えばマシン型のUSBを配っているそうです。あとは、F1のロゴ入りメモ帳でしょうか。また、GP期間中はあちらこちらでF1グッズのTシャツやイヤープラグに各チームのグッズ等も定番ではありますが販売されています。アブダビには「フェラーリ・アブダビ・ワールド」があり、フェラーリ好きの方だけでなくF1ファンの方でしたら1度は足を運びたくなります。ここでしか買えないTシャツはついつい買ってしまいたくなる1品です。他にもフェラーリのラクダやストラップなども人気があります。フェラーリ車の写真だけでも喜ばれます。

アブダビで開催されるF1GPの特徴

アブダビで開催されるF1GPの会場といえば「ヤス・マリーナ・サーキット」です。2014年からはGPの最終戦のサーキットとして選ばれており、レース中に日没を迎えるトワイライトレースで、レース終盤には完全に日が落ちるナイトレースとなります。コース全域に照明が設置されているのも特徴です。日没時には視界の影響が出る為、いかに慎重に走行するかが重要になってきます。路面温度の低下が著しいため、タイヤマネジメントも重要なカギを握ります。砂漠からの砂が吹き込むため路面が滑りやすい箇所があり、およそ1.2㎞のロングストレートや連続する低速の90度コーナーなど、マシンに対する要求が変わるテクニカルな一面を持ったサーキットでもあります。また、2本のロングストレートを有するもオーナーテイクは極めて困難なコースでもあります。このサーキットの様々な特徴を捉えた選手が最終戦を飾るのでしょう。

アブダビのF1GPのお勧めの観戦方法

アブダビの「ヤス・マリーナ・サーキット」で開催されるF1GPは2014年から最終戦の会場となっており、誰がチャンピオンの座を勝ち取るのかが楽しみな1戦です。アブダビのGPはレース中に日没を迎えるトワイライトレースで、この会場はヤス島のマリーナ沿いに会場が造られており、日が沈む中でのレースの風景は息を呑むほど美しいと言われています。レースは勿論ですが、美しい光景を見るのもお勧めです。F1では珍しく反時計回りのコースとなっているのも楽しみの一つです。近年ではアブダビGPの観戦ツアーを企画する旅行会社も増えているため、アラビア語が読めなかったり、言葉が通じなかったりと困ったり不安にならない様、現地で観戦を楽しみたい方は日本語対応のスタッフも同行するようなツアーに参加する方がより楽しく観戦する方法です。